SLならびにNシリーズで登場したミラージュ製コア、“MCM-MI/008”及び“C04-ATLAS”の略称。
ただし「アトラス」はNXからの略称であり、それ以前は「008コア」と称された事も。
SLにおいては迎撃装置が無い事を除いてほぼ欠点の無いパーツであり、オプショナルスロット数も多いため、対戦用アセンにおいては殆どの場合このパーツを用いるのが定番となっている。

対するNシリーズでは、格納機能搭載型OBコアとして登場。
平均的な性能と、扱いやすい巡航型(低出力とも言う)OBのお陰でNシリーズにおけるOB入門用のコアとして勧められる。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-05-16 (水) 22:08:13 (1837d)