4シリーズに登場するノーマルAC
AC4ではイクバールの特殊部隊バーラット・アサドの使用する機体として登場する。
一見セルジュークと見間違えそうだが、脚部が逆関節に換装されており、両腕の武装がロケットに変更されている。
特殊部隊専用機の割には火力が低く、むしろセルジュークより脅威の度合は圧倒的に下がる。

ACfAにもアルゼブラバーラット部隊所属機として登場する。
前作と比べ攻撃頻度が増し、さらに逆関節らしい3次元機動を行うようになったので、厄介な敵になった。
とはいえ、ただ鬱陶しくなっただけで、とっつきを備えたセルジュークの方が遙かに脅威である点は変わらなった。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-08-29 (木) 13:06:01 (1514d)