プラズマライフル

シリーズ定番のエネルギー系ライフル。背部装備にプラズマキャノンがあるが、装備する場所が違うだけで性質に違いはない。

PSACシリーズではそれ以降の作品におけるレーザーライフル的ポジションで、当初はカラサワもこのカテゴリーに属していた。
そのため、発射エフェクトなどもむしろレーザーライフルに近い。

AC2以降、『高威力だが機体負荷が大きく弾数も少ない』という、エネルギー武器版バズーカ(もしくはグレネードライフル)と言うべき性能を持つに至り、現在はその性能が踏襲されている。
4シリーズではプラズマ兵器全般がPA貫通性能に劣る代わりに減衰性能に優れるという特徴を持ち、その点でレーザー兵器と対になる存在となっている。このため、性能特性としてはグレネードに近い(爆発は生じない)。
また、fAでは、着弾点周辺に一時的に電波障害を生じさせる効果が付与された。

ACVではプラズマガンという名称に改称されて登場する。着弾もしくは一定距離到達でダメージ領域を形成する特徴を持つ。

なお、外観上の特徴として、2シリーズ4シリーズのプラズマライフルはいずれも、マニピュレーターの携行ではなく、下腕部側面のジョイントに直結する構造を採っている点が挙げられる。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-09-04 (水) 10:25:43 (1541d)