FFに登場する企業。フォーミュラフロントに“H&Cバークス”が参加している。
フォーミュラフロントの初期から参戦しており、当時は世界有数の工業メーカーとして知られていた。
その技術力に支えられ、H&Cバークスはシーズン優勝などの記録を多数打ち立ててもいる。このため、ファンの数も多い。
しかし、ある天才技師(エラン・キュービスをどうしても思い出すが、おそらく関係ない)の死によって業績が悪化し、FFに割ける予算も大幅な削減を余儀なくされる。
これにリストラや引き抜きなどの人材流出が追い撃ちをかけ、H&Cバークスは低迷することとなった。
この状況を打破するため、チームはアナークアーキテクトとして迎え入れるが、それでも成績は向上することは無く、最終的に企業そのものが自主廃業へと追い込まれてしまう。
なお、チームはFFに新規参入するライフデリバリーがこれを引き継ぎ、“LDバークス”として活動を継続している。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-06-07 (金) 16:34:31 (1894d)