かつて存在した日本のアニメーション制作会社。正式名称は株式会社ヴューワークス(Viewworks Co.Ltd.)。
旭川に拠点を置き、『サブマリン707R』や『魔法遣いに大切なこと』、『機神咆吼デモンベイン』(TV版・OVA版)を手掛けていた。アニメ制作スタジオとしては小規模。

2006年にACのOVA企画がアナウンスされた時、制作を行うとされていたのがこの企業であった。
が、資金繰りの悪化から2007年2月に営業を停止し、約2億円の負債を抱えて任意整理された。これによりACシリーズの映像作品化は立ち消えとなる。
なお、当初OVA版FTSの発売自体は2007年初春とされていたのだが、この時点で既に企業としての体力は限界を迎えていた可能性が高く、一部ファンの間では“製作費を持ち逃げした”という噂もまことしやかに囁かれている。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-05-16 (水) 22:13:51 (1778d)