AC4より登場した機能。
これまで各セーブデータに保存されていたアセンブルデータをそこから切り離し、機体の構成情報を設計図として専用のデータファイルで一元管理するようになった。
この図面には機体に使用されているパーツやFRSメモリ配分(4シリーズのみ)、カラーリング、エンブレムのデータが一つに纏められて保存されており、これだけでACを1機組み上げることができる。
これによって機体バリエーションを増やすためにセーブデータをコピペする必要が無くなり、一つのセーブデータで気軽に新しい機体を構築していくことができるようになった。
さらに同じゲーム機内のセーブデータであれば、他人(兄弟やパイロット名違い)の作った図面であっても読み込むことができる(パーツ・メモリ不足で使用できないこともある)。
またこの図面はオンラインでトレードすることができ、対戦者との交流やアセンブルの研究に役立てられる。

 

Vシリーズでも「機体データ」として引き継がれている。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-08-05 (水) 11:04:29 (601d)