4シリーズに登場する概念。
機体のアセンブルに応じて変化し、その位置の偏りによって特定方向への機動性に変化が現れる。
たとえば、重心が前寄りならば後退速度、後寄りならば前進速度が向上する。また、左右方向の重心は旋回性能にも影響を与えており、左寄りならば右旋回、右寄りならば左旋回の性能が向上する。
ちなみに、装備位置を見れば一目瞭然ではあるが、腕部兵装は左右前方に重心を移すのに対し、背部兵装は左右後方に重心を寄せる。これとは別に、スタビライザーで補正を掛けることも可能。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-05-16 (水) 22:14:43 (1835d)