fAに登場するアルゼブラハンドガン
リンクス戦争後に開発された新標準機“EKHAZAR”用に開発されたもので、アルゼブラとしては初のハンドガンとなる。
AC4に登場していたハンドガンはGA製の2機種のみであり、そのいずれもリボルバータイプであったが、こちらはオートマチック方式を採用している。そのためか、マガジン装弾数がこのカテゴリーとしては最も多い。
また、マガジン装弾数のみならず装弾数自体もハンドガンとしては最多であり、単発の威力も高い。このため、レギュレーション1.00では“格納可能な突撃型ライフル”と言った方が適切な代物であった。
こういった事情からレギュレーションの更新のたびに弱体化が著しく、レギュ1.20の時点ではGA製ハンドガンとそう変わらない性能となっている(言い換えれば、普通のハンドガンと変わらない立ち位置に落ち着いた)。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-05-16 (水) 22:06:43 (1918d)