メアリー・シェリーとの交戦中に、自機が一定のダメージを受けると彼女が喋るセリフ。
戦闘の初期段階での台詞であり、余程のことがなければこのセリフは聞くことになる。
優秀な狙撃手であり、AMS適性にも優れる自らに対する自信が滲み出ているが、その優勢と余裕はこの戦闘中、次第に失われていくことになる。
せめてPA?が回復する通常の環境で戦えばよかったのに……と思わずにはいられない。当人としては、それすらも自分の優位と見込めるほどの余裕だったのだろうが。

ちなみにACfAにおいて、王小龍も「いい的だぞ、貴様」とメアリーのそれと酷似した発言をしている。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-05-16 (水) 22:07:22 (2018d)