首領および開祖である大慈真人?が作り上げた集団。 旧世界の「武術」に感化された傭兵が作り上げた一種の武術流派であるが閉鎖的組織であったため、その「極意」と呼ばれる戦闘術の詳細は不明。だが多くの弟子たちの中には傭兵として名の売れた者もおり、開祖である大慈真人が長い修行の末に編み出したその戦術は、少なくとも単なる脅しやハッタリという訳ではない模様。 しかし前作のビーハイブファミリー?ほどまとまっている訳ではなく、『同じような肩書を名乗る傭兵』程度の薄い繋がりであり、その理念や思想には食い違いがある。

組織員

道鬼斎 /白帝II

「火力頼みの馬鹿が多すぎる 誇りある強さにこそ、価値があるというのに 兄弟子、ただ勝つだけでは意味がないこと 私が証を立てて見せよう」

機甲道一番手。グループ内では最も若い23歳。 強者らしい台詞を吐いてるが位階は入りたてを示す“虎殺”。 その関係か戦闘経験が不足がちのようで、戦闘技術が伴っていない。 ただし、火力不足とはいってもスナイパーライフルの削り能力と軽量二脚の機動性は、操作に慣れてない、または装備が整ってない序盤では苦戦するかもしれない。

鬼武蔵/白帝

「斬らせずして斬る!撃たせずして撃つ! 卑怯などと、所詮弱者の戯言! 勝った者が強者、所詮それが全てよ!」

二番手。30歳。 その台詞からも分かる通り、様々な手練手管を用いてでも勝利をもぎ取ることを至上としており、組織内では“卑劣漢”扱いされているが本人はそんな評判はどこ吹く風らしい。 機体は軽量逆間接。行動を阻害するジャマーと、被弾すると一定時間ロックオン不可になるフラッシュロケットを装備しており、ペースに巻き込まれると面倒くさい。 が、火力は控えめなので冷静に対処しよう。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2024-01-31 (水) 18:47:00 (34d)