初代ACに登場する無人戦闘マシン。実質的にはガードメカである。
ハンバーグの様に茶色く平たい胴体の底面に腕と脚が生える独特の形状が目を引く。
胴体上面には小型の旋回式砲塔が2基装備されているが、武装はこれのみ。設定上はミサイルランチャーもあるようだが、実装されていない。
せっかくある腕に一切の武装が施されていないのも謎である。
設定資料集によると、一部にACのパーツが組み込まれているとのことだが、外見上その様な箇所が見受けられないため、内部機構に関する箇所に使用されているのかもしれない。
また、設定画の段階では背面や脚部にブースターも装備されており、前述の設定と併せて当初はシュトルヒと並ぶ高性能機として考案されていた可能性がある


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-08-17 (土) 04:21:52 (1648d)