初代ACに登場したクローム社の無人AC開発計画、およびその試験中のプロトタイプの呼称。
「Chrome Hyper Automatic Operation System」。
決められたパターンに基づいて行動するのではなく、能動的に戦略・戦術を判断する人工知能の開発と、無人化を前提とした専用機体(コクピットの省略、大推力ジェットエンジンの搭載など)の開発が並行して行われた。
ゲーム中にはプロトタイプの「CHAOS・0」と「CHAOS・1」が登場し、ハリアーハンターはこれらの生産型にあたる。
ちなみに、このCHAOSシリーズは非公式に“メンシェンイェーガー”(Maennchenjaeger/人間狩猟機)と呼ばれていたとも言われる。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-01-08 (火) 13:43:58 (1682d)