ACVのSM02において、警備部隊装甲列車がプレイヤーに破壊された際、ポール・オブライエンが部下に恨みを込めて吐き捨てる最悪な台詞の一つ。

たとえ部下とはいえ、そこまで激怒して恨みを吐き捨てる必要はあるのだろうかという疑問が生まれるのだが、そもそも警備隊長殿は本質的に、『自己の保身と地位にしか興味の無い、利己的な人物』(The FACTより)である。 こういった台詞の端々からその本性が浮かび上がってくる様が、非常にキャラクターとしての魅力を際立たせている、とも言える。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-07-08 (月) 16:53:10 (1418d)