ACfAに登場するオーメルグループの依頼仲介人アディ・ネイサン(もしくは彼の補佐役)が、BFFの設計について発した言葉。

スピリット・オブ・マザーウィル撃破ミッションのブリーフィングにて、砲台の破壊による損害が内部に伝播しやすいという欠陥を説明したのち、「随分と杜撰な設計ですが、まあ、彼らなど所詮そんなものです」と発言した。

他の仲介人からは聞くことのできない、直接的な罵倒に心を奪われたリンクスも多いことだろう。

なお、欠陥の解説中は声質が前後と異なっており、この声がアディ・ネイサンによる真面目トーンなのか、複数人による解説なのか、見解が割れている。 どちらにせよ、オーメルには図太い社員がたくさんいる様子である。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-02-22 (金) 06:08:09 (145d)