ACfAに登場するオーメルグループの依頼仲介人。名称の出典は4シリーズの資料本であるA NEW ORDER of “NEXT”から。声優は最上嗣生

知的な語彙を用いてブリーフィングを行うインテリ仲介人である。
彼の発言のほぼ全てが、敵対グループをこき下ろし、依頼主(オーメルグループ)の称賛・擁護を欠かさないプロパガンダの性質が非常に強いものとなっている。
しかし、メガリス襲撃のブリーフィングの際には、依頼主からVOB使用を提案されたことに対し「素晴らしい作戦です。」と皮肉ともとれる発言もしている。

依頼相手であるリンクスに対しても、敬語こそ使っているが遠回しに見下したような慇懃無礼発言が目立ち、プレーヤーの神経を逆なでしてくる。
これは、依頼主に対して一歩距離を置いた態度で臨み、また、リンクスを気遣う一面を見せるジョージ・オニールとは対照的である。
ただしブリーフィング自体はとても正確で、ハードモードでもブリーフィング内容とミッション内容にほとんど違いは無い。
常に敵戦力を馬鹿にしている彼だが、ブリーフィングでは蔑むだけでなく、厄介な部分についても補足しており、油断は禁物であると釘をさす優しさもあるようだ。

またスピリット・オブ・マザーウィル撃破等の重要な依頼では喋り方も非常に真剣である。声の変わりようから、オーメルの技術者が別にいて、説明を補足しているともとれる。
スピリット・オブ・マザーウィルの欠陥に関して触れた際、BFFに対し、「まあ、彼らなど所詮そんなものです」と馬鹿にしており、もし2人で説明していたとするならば、この技術者もかなりのつわものである。

以上のことからわかるように、総じて非常に優秀な仲介人である。

彼がブリーフィングを締めくくる時の「そちらにとっても、悪い話ではないと思いますが?」という一言は、いい意味でも悪い意味でも彼を象徴するセリフと言える。

A NEW ORDER of “NEXT”のインタビューにおいても、オーメルグループの汚点(カブラカンの被撃破など)をひた隠しにし、自社のコジマ技術を過剰に喧伝するなど、そのプロパガンダぶりは健在であった。
そしてACVCOMボイスを決めるキャラクター人気投票コンクールにおいて19位を獲得。3大企業グループの仲介人で一番順位が高い結果となった。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-02-22 (金) 06:05:54 (58d)