オズワルド・ウォリクシャー(Oswald Warwickshire)。ACVの登場人物の一人。
MoHに籍を置く壮年のAC乗りであり、同組織内でも腕利きとして知られている。搭乗機は重量二脚AC“バウンサー”。
元々はサンドリヨンの民であったが、幼少期に自身を除く血族が全滅し、そこをMoHの先代リーダーであるエリザベス・ストラトフォードに拾われる形でMoHのメンバーとなった。
そういった経緯からストラトフォード家に対する忠義は篤く、リーガンがコーデリア(ロザリィ)に執着する余り組織内で孤立を深めて行く中でも、最期まで彼女のために戦い抜く姿を見せた。

名前の元ネタは『リア王』の登場人物オズワルドであると思われる。『リア王』ではゴネリルの執事としてコーデリアを陥れる役回りだが、こちらではリーガンに付き従っている。
またファミリーネームはイングランド中部に存在する州、ウォリックシャー(Warwickshire)に由来すると思われる。同州にはシェイクスピアの故郷ストラトフォード・アポン・エイボンが存在する。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-07-18 (木) 02:12:05 (1803d)