初代ACにおいて、ムラクモ・ミレニアム壊滅ルートを選択する場合に登場する巨大な衛星砲
大破壊以前に開発されていた物で、実際、これが大破壊の際に使用されたことが原因で(無論他にも原因はあったが)、人類は地下への移住を余儀なくされたとも言われている。

初代AC本編においては、追い込まれたムラクモが文字通りの最後の手段として起動させたが、主人公によって破壊された。

内部は円筒形で、一定距離ごとにエネルギーシールドとエネルギー供給システムが設置されている。
また、複数あるエネルギー供給システムを破壊することで、発射までの時間を先延ばしすることができるが、必ずしも全て破壊する必要はない、というか全て破壊すると相当時間に余裕が出来る。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-05-02 (木) 19:03:58 (1603d)