AC2エクステンションバックブースターを連続使用することで可能となる回避テクニック。デンプシーと短縮して呼ばれることが多い。
右に左に平行移動を入力しながらバックブーストを連続使用すると、重量級の機体でも高速で移動や回避ができる。
PSACシリーズのテクニックであった踊りがACの速度低下で弱体化したために編み出されたものである。
加えて、バックブースターそれ自体が後退を目的としたパーツであるため、自動的に引き撃ち主体の戦術となるのも特徴。

大会等で猛威をふるったため、AC2AA以降の作品ではブースター系エクステンションにもリロードが設定され、この技は不可能となった。
AC4クイックブースト連打もデンプシーと呼ばれることがあるが、本家の滑稽とも言える挙動から比べれば遙かに正常である。

名前の由来はボクシングの技で、漫画“はじめの一歩”で主人公により披露された、上半身の八の字(∞)運動で勢いを付けた左右連続ブローを繰り出すもの。
上記のテクニックの動きがこの八の字運動に似ていたため、このように呼ばれるようになったとみられる。
ただし、実際のデンプシーロールは1世紀前のボクサー“ジャック・デンプシー”が編み出した左右死角への回り込みつつの荷重移動で勢いを付けたブローであり、こうなると最早全くの別物。
現在は技の名を呼ばれることさえない程のボクサーの基礎技術である。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-09-26 (木) 13:57:01 (1339d)