“経済による平和”の意。
国家解体戦争後の世界を統治する企業連合体の掲げたスローガンであり、これが転じて企業連合体の採る行政体制の通称“パックス”となった。
企業は、このシステムを以て、限りある資源の節度ある再分配を最適に実現するものであると喧伝したが、世界を明確に階層化する新システムは、ある意味で社会主義的、さらに言えば奴隷制度的ですらあった。

なお、“パックス・○○”はその始祖である“パックス・ロマーナ”(ローマによる平和)以来、様々な亜種が現実に登場している(“パックス・ブリタニカ”や“パックス・アメリカーナ”など)。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-05-16 (水) 22:11:55 (2281d)