ACシリーズで“爆雷”といった場合、爆弾の一種としての爆雷に加え、複数の爆雷を直下に投下する機能を持った装備、即ち、爆雷投射機のどちらかを意味する。本項では基本的に後者について記述する。

先述の通り、複数発の爆雷を直下に投下、もしくは投射する武装。ステータス画面で表示される数値は1発分のものであり、実際には複数発が同時に命中することが大多数であることから、与えるダメージ自体は大きい。
ただし、その性質上動き回る相手に対しては非常に当て辛く、考えなしに装備した所でデッドウェイトになるのがオチ。その意味では産廃級に使い所に困るパーツ。

実弾の爆雷とプラズマ爆雷を投下するタイプの2種類が存在し、前者は初代から、後者はMoAからの登場。それぞれPSAC時代は背部兵装だったが、AC2においてインサイドが登場したことに伴い、機雷共々カテゴリ変更された。
MOAのプラズマ爆雷は若干他のパーツとは弾道が異なり、ある程度の飛距離を持って投射される(とはいえ射程距離は極端に短く、曲射弾道と呼ぶことすらできない)。
AC3SLではミサイルに爆雷投下機能を付与したタイプが登場している。こちらの詳細は爆雷ミサイルの項目を参照。
4シリーズではネクスト用の武装としては使用不可能だが、敵ガードメカの武装として登場する。

ちなみに、直下に投下する(=密着していれば必ず当たる)という性質を活かして、ブレード攻撃にさらにこれで追い打ちを仕掛けるという戦法も可能。
ただし、2シリーズではインサイドの仕様上後方に射出されるため、この戦法は不可能となっている。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-05-24 (火) 12:39:17 (877d)