AC持ちとはシリーズで最も簡単操作なはずなのに指が足りないACVをプレイするために生み出されたコントローラーの持ち方。
別名ヘンタイグリップ(言ってしまえばモンハン持ちのようなものである。)

ACVは初期配置のキーコンフィグの時点でかなり複雑なため、傭兵たちは操作しやすいキー配置を見つけるべく日々奮闘していた。
そして行き着いた結果が、コントローラーをひっくり返し左右の指すべてを使うという一つのイカレた操作方法であった。
最初こそ冷ややかな反応だったが、いざ使ってみると意外にもちゃんと操作できる事からなぜか好評を得ることとなった。
尤もあくまでやり込みネタプレイの範疇であり、対人戦などで実際にAC持ちが使われていたという訳ではない。

しかしながら当時のAC界隈は『身体は闘争を求める』等のミームの方が認知度が高い状況であり、AC持ちだけが独り歩きしてしまい「ACプレイヤー=AC持ち」という誤解を招くこととなった。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2024-05-11 (土) 04:28:02 (45d)