Nシリーズ及び4シリーズに実装された機能で、新規ゲーム開始時にACの操作方法を予め用意された2タイプから選ぶようになったもの。
その後のタイプ切り替え・キーアサインは可能である。
種類はタイプAとタイプB(通称はA操作とB操作)に分けられる。

Nシリーズにおけるキータイプ

新規に追加された操作方法と、旧来からの操作方法を選ぶことになる。

タイプA

NXより新たに加わった操作方法。左右のスティックで移動と視点変更を行う。
SLより戦術の主流となり始めたダブルトリガーに対応したタイプで、タイプBと比較してスムーズにダブルトリガー機を扱うことができる。
その他、これまで選択武装だったインサイドの操作が独立したため、デコイなどの補助兵装を咄嗟に使用できるようになった。
特に通常ならばリロードが長く扱いにくいECM地雷を通常兵装と併用できる点は明白な有利である。
また、特に実用上の意味はないが、機体の移動速度をスティックの傾き加減で調整できるようになった。

タイプB

旧来からの操作方法。十字キーとLRキーで移動と視点変更を行う。
ダブルトリガーが出現する以前の操作方法であるため、やはりダブルトリガー機の操作には多少無理が伴う。
しかし、過去作品からのレイヴンの中には慣れ親しんだこちらのタイプを引き続き選択し、ダブルトリガーにはキーコンフィグで対処する者も多く見られた(個人差はあれど、○と△を入れ替える例が多い)。

4シリーズにおけるキータイプ

基本操作(移動と視点変更)は2タイプとも同じだが、武器使用に関するキー配置が異なる。fAにはそれとは別に“シンプル操作”が追加された。

タイプA

AC4より導入されたオート機能を前提としている。
初期配置では武器発射と視点移動のどちらもが右親指に割り当てられているため、各種のオート(特にオートサイティング)をオフにした場合には満足な操作もままならない。
操作に慣れてオート機能を必要としなくなったらタイプBに移行するのが肝要である。

タイプB

左右の親指・人差し指・中指をフルに使用しての操作を前提としている。
最も複雑な操作であるが、ACを最も自由に動かすことができる基本キータイプ。
勿論、各種オート機能も問題なく併用することができる。

シンプル操作

fAより追加された操作方法。初心者救済措置として実装された操作タイプで、オート機能付きのタイプAよりさらに簡単にACを操作できる。
しかし、その分機体の行動が簡略・自動化されているため、その他のキータイプと比べると機体制御の自由度で劣る。
そのために一部では“ゆとり操作”とも揶揄される。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-06-06 (木) 17:27:39 (1533d)