ACfAに登場する、ORCA旅団が保有する特殊アームズフォート。Jet.(黒玉)

ジェットという名称は企業側が便宜上定めたものであり、生活圏の蹂躙を目的とした特殊破壊兵器と言われている(ただし企業連側の呼称である事、ORCA旅団の目的との齟齬、蹂躙するほどの生活圏が地上には存在しない事を理由に素直に受け取らないプレイヤーも一部に存在する)。

acfa_06_004.gif

多数のレーザーキャノンレーザーブレードを搭載している。
レーザーブレードは「ビルをチーズのように」と表現されるほど強力・長大で、重量級ネクストであっても大ダメージを被る危険がある。

アームズフォートとしても特筆されるほど非常に強固な装甲を持っており、外部からまともに破壊しようとするにはかなりの労力を伴う。上部の放熱版が弱点となっており、これを破壊することで比較的容易に行動不能に追い込むことが出来る。
勿論、射突型ブレード等で外装をぶち抜くなどの手段を用い、強引に仕留めることも可能である。

最終ミッション“クラニアム防衛”のハードモードにも複数機登場するが、こちらは2分の1以上小型化している。
上部の放熱板がないが、小型化故か耐久性はかなり低く撃破は容易になっている。
が、ブレードの威力は健在で迂闊に近づくと痛い目を見ることになるので注意。
またレーザー色が紫に変更されている、そのため後述のレイレナード製説がより濃厚になってくる。
このミッションにおいては、ステージの奥に配置されており、目標でもないので別に相手にする必要はない。

かつて、レイレナードはこれとほぼ同一の物を設計していたとされ、その設計図を手に入れたORCA旅団は何処からか資金と資材を調達し、このジェットを建造したといわれている。
設計図との差異から、放熱板はORCA旅団の手に渡って以後に追加されたと考えることができる。もしくは、レイレナードが設計したのは小型の方で、ORCA旅団がAF構想を取り入れて・又は対AFを考慮して再設計したのが放熱板付き大ジェットなのだろうか

オペレーターには“”と呼ばれ、ユーザー間では『風の谷のナウシカ』のアレとの類似性も指摘される。


添付ファイル: fileacfa_06_004.gif 1543件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-10-22 (木) 22:06:25 (757d)