AC3の組織

AC3に登場する管理者に疑問を抱く知識人達が結成した秘密結社。UNION. ACシリーズにおいて単に“ユニオン”と評する場合はほぼこちらを意味する。
管理者が隠蔽していた地上の環境回復に関する情報が漏れたのを受け、管理者の支配を脱し、地上回帰を目指す為に誕生した。

主義主張の関係もあり、クレスト・インダストリアルからは激しく敵視されており、地下世界の各システムの異常の元凶はユニオンであり、管理者が狂っていると自作自演の芝居を行っているとの噂をばら撒かれた事もある。
ミラージュと接近しており、支援を受けているとされている。しかし、クレスト・インダストリアルのデータバンク施設襲撃の際に一緒に攻撃する筈だったミラージュの部隊が現れなかったり、作中では友好的なシーンは無い。むしろ、末期にはレイヤードが破滅を迎えつつあるにも関わらずクレスト同様に「管理者の存続に執着した存在」と見做され、データ強奪の為に攻撃対象となっている。
むしろ、管理者に無関心であるキサラギから資金援助を受けており、クレストとの決戦時には合同部隊で対処するなどキサラギの方が有力な同盟者として描かれている(ただ、クレスト社の反応を見る限り、キサラギは自社勢力拡大のためにユニオンを利用しているだけの模様)。
途中、クレスト・インダストリアルに攻め込まれ実働部隊も乱入し大打撃を被るも、終盤で管理者を破壊するべく依頼をしてくる。

ロゴには“CREATE THE FUTURE”と書かれている。

SLの時代にはすでにその存在意義が失われたためか、登場しない。

依頼文音声は中田和宏氏が担当。

ACfAにおける企業の通称

詳細はインテリオル・ユニオンを参照。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-11-30 (水) 19:43:43 (179d)