AC3以降に登場する複合企業の一つ。AC3の時代の本社は地下都市レイヤードのセクション422に存在。
単にクレストと呼ばれることの方が多い。
AC2AAにおけるエムロード的立場の企業であり、業界二位でありながらミラージュと激しく対立する。
ACパーツは、フレームが直線的な無骨なデザインのパーツ、武器は実弾系が充実しているラインナップ。
他にもMTや通常兵器の開発・生産も行う兵器産業の雄である。

AC3

管理者を秩序を守るための最適なシステムと肯定し、管理者を否定するミラージュと対立。
特に、管理者が狂っているとして、脱却を主張するユニオンを目の仇としており、管理者の異常による各所のトラブルをユニオンの自作自演であるとして、激しく敵視している。また、キサラギが資金提供をしている事を知るとユニオンもろとも攻撃対象に加えている。
その後も、各社の小競り合いと管理者実働部隊の暴走で、混乱を呈しているレイヤードでキサラギ残党の粉砕や実働部隊対策で複数のセクションで利用している通気口に事前通知無しで強力な電磁波発生装置を設置し、ミラージュの設備に多大な被害を出すなど様々な活動を行う。
最終的には本社が存在するセクション422を管理者の実働部隊の攻撃により壊滅し、他のクレストのセクションも一斉攻撃を受けたため、崩壊状態に陥った。しかし、クレスト社代表は生存しており、壊滅後も律儀にメールを送ってくる………が、「管理者の異常はかなり以前から知ってた」「管理者が滅亡を望むなら上等」というとんでもない狂信者振りを見せつけてくれる。

初代のオマージュの殆どをクレスト社が担っている側面があり、クレスト社崩壊時のメールに書かれている「人は秩序無くして、生きることは出来ません。例えそれが、偽りであっても」や最終ミッションでのクレスト社代表からの「行くがいい、そして君が為したことが何を生むのかそれを見届けるがいい」といった台詞は全て初代のレイヴンズ・ネストのメインコンピュータとの会話をオマージュした内容となっている。
最大の違いとしては、支配していた側の一方的な言い分とは異なり、支配される事を望んでた側の言葉である事であろうか……。

この時代の依頼文音声は榊原良子女氏が担当。

AC3SL

ミラージュが地上開発を積極的に進めることに対し、クレストはレイヤードの再開発などを進める。
ミラージュ同様に新技術の導入を勧めており、ACやMTの無人兵器化を進めるミラージュとは違い拠点となる大規模施設そのものを全て無人化するという無人要塞の建造を推進している。
キサラギに関してはかなり侮っていると思われる表現が多く、併合要求というあからさまな征服行動まで行っているが、失敗する。
三大企業の中では最も市民からの信頼も厚いが、社内技術者を機密保持のための囲い込みを行っており、拒否した社員の抹殺を依頼してくるなど、腹の中は黒い。

この時代の依頼文音声は家弓家正氏が担当。

ACNX

新資源をめぐるミラージュとナービスの対立に対して介入し、ナービスと共同のMT工場を設立するなど、ナービス側に加担。MT工場防衛を理由に戦力投入を行い、紛争に参加。
ナービス側として参戦したが、突如ナービス本社のあるペイロードシティを奇襲し、制圧するなど前作までの市民の信頼イメージが一気に吹き飛ぶほどの黒い一面を見せている。
ミラージュと戦闘状態に入るが、低価格な商品が主流なのが災いし、AC部門の収益率が悪化。財政難を引き起こしてしまい、ナービス領からの撤退を決定する。
だが、抗戦を望む支社の現地部隊と本社との間での軋轢が生じ、事実上の内乱状態となる。結果、ジノーヴィーを含む多数の戦力が粛清される。財政悪化もあり、企業勢力が大幅に後退してしまった。
一部有力なレイヴンの専属化を行っており、プレイヤーにも「より直接的なサポートをする準備がある」と専属化を希望してくることも(レイヴンズアークの規定では禁止されており、発覚時は追放処分となる)。

ACLR

特攻兵器襲撃の後にはミラージュ・キサラギとともにアライアンスを結成し、一部のパーツにはミラージュの技術も取り入れている。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-09-09 (金) 13:07:56 (436d)