初代ACに設定として名称のみが登場する機構。

大破壊より4年後に地下世界の生活環境が一定の安定を得た事によりクロームを含む各都市の代表的企業により創設。社会管理機構として機能した。

地下社会全域の包括的開発・運営を目的として「百年計画」もこの企業体連合により発案された。
しかし、これは各企業の交流拡大と経済発展が進むと企業間の利権紛争が激化する温床になった。

企業体連合と百年計画で中心的な役割を果たしていた最大勢力クローム社の一強状態が続くと徐々に機能不全に追い込まれ、
クロームに反発した企業群がムラクモ・ミレニアム社に合流し、全企業勢力がクロームとムラクモに二分すると企業体連合は実質的な消滅まで追い込まれている。

AC世界のお約束というべき、機能していない統治機構に該当しており、後の作品のLCC企業連の先駆け的存在。
しかし、あくまで設定のみの存在で作中には登場しない。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-09-11 (月) 19:36:44 (10d)