AC4以前

フロートのみ行える基礎操作法。
ブーストダッシュ後のブレーキ中に、再度ブーストダッシュすることでブレーキをキャンセルし、スピードを落とすことなく移動できる。
これを繰り返す事を無限ブーストと呼ぶ。

噴射はほんの一瞬で構わず、しかもブレーキ中にENが回復するため、消費エネルギーも抑えられるが、失敗時は浮いてしまい速度が大幅に低下する。
特にNシリーズではブレーキ時の制動が強く、鋭角的な機動により高い回避力を実現できる。

AC4以降

4シリーズではブースト中でもエネルギーが回復するため、地上をブーストダッシュするだけならばほとんどの機体が半永久的に移動可能である。(過去のACはホバーブースター以外のブースト噴射中はエネルギー回復が止まっている)
無論、空中を移動する場合やクイックブースト、オーバードブーストを使用した場合にはこの限りではないが、あえて小ジャンプ移動や歩行による移動を行う必要性は皆無と言って差し支えない。
従って、4シリーズにおける旧作の無限ブーストとは、戦闘機動における当然の前提である。
むしろ、本作においては空中機動時にもエネルギーゲージが減らない一種の特化アセンを以て初めて無限ブーストと呼ぶに値する。

ACVでも4シリーズと同様、ブースターによる移動は半永久的に行える。その意味で、こちらにおいても旧作で言う所の無限ブーストは戦闘機動における当然の前提である。
なお、ACVにおいて無限ブーストを可能とするアセンは極めて限定されるが、ブーストドライブを駆使することで、長時間の滞空自体は可能となっている。また、スキャンモード中に限りグライドブースト?を使い続けられるアセンブルも存在する。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-06-03 (火) 15:09:14 (1171d)