ACLRに登場するクレスト製試作型MT。通称、“核MT”。
機体左右上部に巨大なミサイルランチャーを1器ずつ備えており、計2発の大型ミサイルを装備する。
この2発を接敵直後に発射して目標を撃破するというコンセプトのため、これを撃ち尽くした後は固定武装のマシンガンしかなく、非常にハイリスク・ハイリターンな戦法を余儀なくされた兵器である。
試験的導入に留まっている理由も、そういうところにあるのだろう。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-05-29 (水) 11:08:57 (1541d)