マッスル・トレーサー(Muscle Tracer)の略。基本的にMTと呼ばれる。

PSACシリーズでの設定では、元々百年計画により開発された人型作業機械がベースとなっている。
のちに軍事用MTが開発され、そこからパーツの換装というコンセプト(コア思想)に基づくCMTが生まれ、さらにACへと繋がっていき、昨今に至る。
ACに比べ、一般的にコストパフォーマンスに優れるため、企業やシティガード、テロ集団の主力して用いられる。
MTのバリエーションは多岐に渡り、廉価モデルから高級モデル、無人型、可変型、巨大MTなどが存在する。
またACPPに登場するMTの一部は性能向上のためにAC用パーツを使用したものも存在する。

3シリーズにおいては、地球暦153年にミラージュクレスト・インダストリアルが共同で開発した汎用作業機械、XMT-01をルーツとする。
その後の技術的発展に関してはPSACシリーズのそれと近く、こちらも軍事転用の末にパーツ換装というコンセプトが生まれ、ACへと繋がっている。

自由換装を実現するためにある意味では開発に縛りのあるACと異なり、MTはさらに性能を先鋭化させやすい。
そのため一部のMTは限定的、または全面的にACを凌駕する性能を誇る場合がある。(前者は数多くの飛行型MTや水陸両用・水上用MT、後者はM-9など)

4シリーズから登場数(バリエーション)が減少していき、Vシリーズでは、まさかのリストラの憂き目に遭っている(ただし、MTに相当する兵器は登場しており、当辞典ではMTとして扱っている)。

関連項目


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-10-07 (月) 10:37:12 (1448d)