公式小説『ARMORED CORE FORT TOWER SONG』に登場する特殊兵器。
コードネームは“マクスウェル”。後継のX4のコードネームが“アインシュタイン”であることから、その由来は“マクスウェルの悪魔”等で知られる物理学者、ジェームズ・クラーク・マクスウェルであろう。

フェルトリカ軍技術本部が総力を挙げて開発した、タワー攻略用に開発された一種のナノマシン兵器で、高熱と電磁波の影響により、タワーに内蔵された量子プロセッサ群にダメージを与えることを目的とする。
ACの背部に専用のランチャーを装着して運用するのが基本だが、中のカプセルそれ自体を歩兵用のランチャーで射出することも不可能ではない。

作中では序盤の第7次パスカ攻略作戦においてスパローのACに装備されていたが、この際はランチャーが損傷によって使用不可能に陥っている。
その後ソフィ・ヴァールの名前で活動していたスパローによって回収され、第8次パスカ攻略作戦の際にミナーヴァに装備され、再度彼女の手によって運用される。ただし、タワーにこれを撃ち込む段になって彼女の心境に変化が生じたため、使用されることなく破壊された。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-05-16 (水) 22:07:16 (1954d)