HUGE BLADE.jpg

ACVDから追加された新たなるオーバード・ウェポン
その形状から発売前ではアサルトキャノンだのウニだのア◯サラスだの言われていたが、蓋を開けてみればまたしてもフロム変態ぶりがうかがえる代物であった。

待機状態ではトゲの生えた亀の甲羅のような装甲にブレード部分が覆われる感じで格納されている形になっていて、一見すると近接戦闘用OWには見えないが一度起動すると装甲部分は折り畳まれるように左肩後方へ寄り、肝であるブレードを右腕へ装着する。
そして恒例のエネルギーチャージを開始すると上述のトゲ、及びブレードからはガスバーナーの如く凄まじく勢いで青白い火炎が噴射され始め発動と同時に突進、右上から左下へ袈裟切り気味に画面に入りきらない程の巨大ブレードを振り下ろして相手をぶった切るというグラインドブレードマスブレードにも負けず劣らずのド派手なエフェクトを見せてくれる兵器である。

なお近接武装ではあるものの、その射程(ブレードレンジ)は異常なほど長く、スナイパーキャノン の射程である距離500を保っていたにもかかわらずぶった切られたACは多い。

驚くべきことにその射程は1kmもあるため、遠距離攻撃も出来る近接武器となっている。 初代ブレード光波でもこんなにない

設定上、ミグラントがミグラントとして活動していた末期、即ち本格的なAC用パーツの量産が始まる前に開発された最後期のOWである。
何らかの照射器として用いられていた物がブレードに転用されたと考えられている。


添付ファイル: fileHUGE BLADE.jpg 4120件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2023-08-03 (木) 11:42:30 (215d)