初代ACで物語の途中からランキングに姿を現すレイヴン

アンファングの武装違いといった感じの機体、“ヴィジランティ”を駆るが、本編では名前(ランキング画面上での紹介)だけの登場で、それ以外の出番は全くなかった。

が、公式小説“アーマード・コア ザ・フェイク・イリュージョンズ”で再び登場。
主人公リャノン・シードルの実質的な相棒として活躍する。
しかし、それだけの活躍をしておきながら、MOAでの2脚アリーナに小説出演組の中で唯一参戦していない。
実はこれにはれっきとした裏付けがあり、時系列的にMOAは初代ACよりも過去の物語であり、彼はこの時まだレイヴンになっていなかったからである。

ちなみに、続編であるAC2アリーナで“ヴィジランティMk-次匹魘遒詒爐了丗后肇侫.襯灰鶚次匹鮓ることができる。

なお、オリジナルのエンブレムを持っておらずレイヴンズネストのエンブレムにVigilante Babyと書いたものを使用している。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-08-17 (土) 04:32:58 (1319d)