ACVDに登場する一般兵器。“支援型”と呼ばれる。
WETA(ウェタ)はニュージーランドに棲息するカマドウマ科の巨大昆虫の名称である。
前作に登場したSz11 SPEERシリーズの生産型であり、オリジナルの復刻だけでなく新型も開発されている。
共通して近接戦闘用のガトリングガンを持つ。

S77-LSC WETA

レーザーキャノンを搭載したSz11 SPEERの生産型。
外観や性能に変化なし。

S77-S WETA

スナイパーキャノンを搭載したSz12 SPEER Lの生産型。
外観や性能に変化なし。

S77-M WETA

クラスターミサイル砲台Sz13 SPEER Sの生産型。
射程が短すぎて無意味だった先代のHEATハウザーが、HEAT弾を散弾状に撃ち出すスプレッドキャノンなるものに換装されている。
射程も延長された上に程良く拡散する砲弾を撃ち出すため、回避が難しい厄介な相手になった。
ただし、先代に引き続きミサイルランチャーを背負っているにも関わらず、スペックではオミットされている。

S77-RC WETA

レールキャノンを搭載した新型。
EGF特殊部隊リーヴス等、上級の部隊が運用していた。ベース機達と異なり、砲身は右回転で横に折りたたむ。
S型の上位機種的にストーリー後期から登場する。キャノンの威力が増しているが、それ以外はS型と大差はない。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-10-22 (木) 23:26:32 (582d)