ACVに登場する兵器。
CE属性の複数の榴弾を、独自の放物線弾道で射出する。
その性能等はAC3投擲銃に近く、ロックオン不可能。
加えて、左腕銃器のロックオンが他部位のサイトに依存する3シリーズのように狙いを定めることは出来ない。そもそも榴弾自体がサイトの中心に飛ぶとは限らないため、オートサイト機能でも正確に狙えない。

しかしノーロック兵器の例に漏れず単発攻撃力は非常に高く、CE防御型脚部でも貫通する威力の弾を3発または5発同時に発射する。
加えて全武器中でも屈指の低重量・低EN消費を誇り、バトルライフルを装備できない軽量機でも気軽に装備することができる。 このため、動き回る相手に当てるのは困難だが、瞬間的な火力自体は優れている。
故に大型のターゲット、固定砲台等に対しては極めて有効なダメージソースとなりうる。

しかし領地戦においてはこれが有効に機能しすぎた側面もあり、初期の領地戦、特に電撃戦では対ヘリ用としてこれが猛威を振るったため、現在のレギュレーションではリロードが極端に延長されて弱体化された。

ACVDでは領地戦のルールから「ヘリや砲台の破壊ミッション」が削除されたことで弱体化の必要がなくなり、リロードが元に戻った。非常に高い攻撃力と豊富な弾数を活かして一部のミグラントが主兵装にするほか、UNACに持たせるアーキテクトも見られる。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-05-03 (火) 13:35:44 (324d)