RaDシンダー・カーラが開発していた超大型のレールキャノン
かつてオーネスト・ブルートゥによってRaDから強奪され、ブルートゥが根城としているグリッド012に保管されていた。

その後、対アイスワーム戦でこの兵器が必要になったため、カーラはC4-621をブルートゥの下にけしかけキャノンを奪還。
V.IVラスティを射手として、スタンニードルランチャーとともにアイスワームのリアクティブシールドを引きはがすために使用された。

バートラム旧宇宙港?の待機電力をかき集めて使用され、ニードルランチャーでプライマリシールドを無力化した後、その大電力で射出された弾丸でアイスワームのセカンダリシールドを消失させる。

カーラいわく命中精度に難点があるらしいが、ラスティの狙撃の腕もあってその砲撃は百発百中。
しかし、アイスワームがコーラルを暴走させたため、被害の拡大を恐れたラスティの判断によりリミッターを解除した上で砲撃を行った結果、アイスワームのシールドを完全消失させたものの、キャノンは使用不可能となった。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2023-10-02 (月) 21:36:16 (287d)