ARMORED CORE VI FIRES OF RUBICON』の主人公。識別名ではあるがシリーズで唯一、明確な名前を持つ主人公。

アイビスの火以前の技術で強化手術を受けた第4世代の強化人間
ACの操縦のみに特化した調整がされている事と、脳がコーラルで焼かれたため、感情は無く、言葉を発する事もない。

ハンドラー・ウォルターの依頼により、惑星封鎖機構の監視を掻い潜ってルビコン3へと密航。
ACの残骸からライセンスを奪い、以降はライセンスの登録名である「レイヴン」の名義で独立傭兵として活動。ルビコン解放戦線の要衝である「」を陥落させた事で、一躍ルビコンで名を馳せる事になる。

呼び名が多いのが特徴で、ウォルターからは「621」と呼ばれるが、エアからは「レイヴン」の名で呼ばれる事が多い。
また、ラスティからは壁越えの際の縁から「戦友」、ミシガンレッドガンからは作戦中に貸与された「G13」のコールサインで呼ばれているが、イグアスのように「野良犬」と呼ぶ者も。
シンダー・カーラなどのドーザーからは「ビジター」とも呼称されているが、これは余所者を指す言葉であり、広義には星外からやって来た企業や傭兵全般を指す。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2024-01-03 (水) 21:44:04 (164d)