レーザーブレードから放出される三日月型のエネルギー弾の通称。正式名は“エネルギー波”。
光波ブレードと3シリーズサムライを除き、SL以前は強化人間の専売特許だったが、NX以降は真人間でも光波が撃てるようになっている。
4シリーズ以降では廃止されたが、fAにおいてアームズフォートスティグロ”の艦首レーザーブレードにこれを射出する機能が付与されている。
VシリーズではACVDの特殊出撃においてN-WGIX/v?が両手に装備した状態で登場する。

通常のブレードではブレードを振った直後にブーストボタンを押すことで発動するが、空中では使用することができない。また、正面方向にのみ使用可能な仕様であるため、地対地攻撃限定となる。
単体で発射することもあるが、基本的には地上ブレード時に叩き込み、ブレードの総合ダメージを底上げするために使用される。

光波には概ねブレード本体の特徴が反映されており、基本的に刀身と同色で、光波の大きさや威力も機種ごとに異なる。
LRで登場の“YWL16LB-ELF3”は極端な例で、通常ブレードにも関わらずレーザーキャノン並の威力を持つ光波を発射できる。
またどのシリーズにも3発の光波を同時に発射できる機種が必ず登場している。
ごく一部には爆風を生じさせる光波もあり、その場合は自爆に注意が必要(もっとも、光波の爆風にダメージがあるのはPSACシリーズのみであるが)。

なお、これとは別に光波射出に機能を絞ったブレードも存在し、そちらは通常の左腕武器と同様の操作で光波を射出することができ、空中でも使用可能。
ただしこれらには刀身がなく、また正面方向にしか使用できない。

余談だが、レーザーは光な為に固まって飛んでいくはずが無いので原理は一切不明。
そもそもを言えば、AC世界の“レーザー”が現実のレーザーと同じものである保証もないのだが。

なお、光波の初出はフロム製RPG『キングスフィールド』で“ムーンライトソード”を装備している時に、ACと同じ操作で放たれる魔法剣である。
ちなみにその破壊力はラスボス以外ほぼ一撃という恐ろしいもので、初代AC月光光波はこれを再現したものとも言える。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-02-28 (日) 22:45:38 (537d)