('A`)サムラァイ ('A`)サムラァイ (゚∀゚)ブシドォォォォゥ!!

という、今は無き木曜洋画劇場における某映画の宣伝文句があるが、それはここで語るようなことではない。

概要

登場作品と型番

型番登場作品製造企業
ZAW-2/SAMURAIAC2,AC2AAジオ・マトリクス
KAW-SAMURAI2AC3SLキサラギ
SYURAACNX,ACNB,ACFF,ACLR

上記のパーツの通称である。
格闘戦に特化した武器腕レーザーブレードであり、刀身色は全て紫である。
VIシリーズでは黄色の刀身もリリースされている)

運用指南

武器腕という特性上、機体の防御力は低くならざるを得ない上、嫌でも接近戦を挑むことになり、非常に打たれ弱い機体を駆ることになる。
しかも、格闘戦に特化した割には威力が月光よりも低く、はっきり言って割に合わない。

作品による変化

AC3SLより

通常の射撃と同じ操作で光波を自在に射出可能になったが、それでも扱いやすいとは言えない。

ACNXより

ブレホの消失、消費ENの激増等によってネタ武器と化した。
この武器を使いこなすことができれば、もはや剣豪とも呼べる存在である。

余談

小説などでの需要やバグ技“次元斬り”があるため、必ずしも産廃ではない。
フロムソフトウェア開発のアナザーセンチュリーズエピソードでは同作オリジナルメカ・ヴァーゲが武器腕ブレードを装備して1作目と2作目に登場する。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-06-15 (日) 16:12:40 (1253d)