左腕武器LS-99-MOONLIGHT(PSACシリーズ)、LS-MOONLIGHT(2シリーズ)、MLB-MOONLIGHT(3シリーズ)、WB-MOONLIGHT(Nシリーズ)、07-MOONLIGHT(4シリーズ)、LB-66MOONLIGHT(ACV)の事を指す。
由来は言うまでもなくその型番から。同義語に「ムーンライト」あり。
高威力、なかなかの長刀身ゆえかなり人気があるレーザーブレード

PSACシリーズではその重量と威力もあって「左腕は月光」と言われていた。
空中斬り光波の威力は文字通り規格外のものであり、特に前者はブレーダーが広まった最大の要因。ただしあまりにも強すぎたためか、AC2以降、重量が増加した為装備しづらいものになった。
さらにAC2AAAC3SLではダガーの登場により数値上の最高威力の座を奪われる。が、命中率・ブレード射程とそれに付随する多段ヒット確率、エネルギー消費など総合的に考慮すると最強の座は不動。

しかしACNX以降、ブレホ消滅と使用時ENのかなりの増加(8000近くの消費EN)によりもはやネタ武器と化す。
ACLRではブレホが復活したにはしたが、これに近い威力でさらに長射程のブレードや、光波特化型などの登場により肩身が狭くなっている。

AC4ではパーツカテゴリーが一新され、両腕に装備する事が出来るようになった。また、威力最強の座に返り咲くこととなったが、機体負荷が大きいのは変わっていない。
また、設定ではレイレナードアンジェの為に作った専用ブレードらしく、ハードモードにて彼女が両腕に装備して襲い掛かってくる。
ACfAでは真改がアンジェのそれを受け継ぎ、さらに強化されたブレード特化機でラスボス(のお付き)として襲い掛かってくる。
数値としては、膨大だった装備時ENが約3分の1に軽減され、装備しやすいものとなった。
ちなみにこのシリーズのみ、刀身色が紫色となっている。

ACVではカラサワ共々、チームレベルが50以上の者が買える武器で、No.8が装備している。
形状はスイカバーの皮の部分にグリップを付けたようなデザインで、ブレードを発振するとスイカバーのような形になる。
また、今作に先立って作られたLRのプロダクトコードを利用すると黒いMOONLOGHT(ANOTHER MOON)を入手することが可能。黒いMOONLIGHTはダークスレイヤーとも渾名される。
それぞれ、装備時には光の粒子もしくは禍々しいオーラのようなものが生じるという特徴がある。

ちなみにMOONLIGHTの由来は、フロム・ソフトウェア社が発売しているアクションRPG『キングスフィールド』の名剣“ムーンライトソード”。
他にも、『エヴァーグレイス』にも同名の“聖剣ムーンライト”が存在したり、『叢-MURAKUMO-』にもフランス語で"Clair de Lune"が登場し、『デモンズソウル』にも“月明かりの大剣”という武器が存在する。
そして大統領はこれをバズーカとしてぶっ放す。
このように一種のファンサービスとしてほぼ全てのフロム作品に登場しており、カラサワACの象徴なら月光はフロムの象徴といったところか。
もちろん、あの人乗機エンブレムにもこの剣がでかでかと描かれている。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-06-14 (日) 23:34:12 (887d)