アーマード・コアVおよびアーマード・コア ヴァーディクトデイを統合したグループ。
それまでの作品以上に荒廃した世界観と、企業の量産兵器から旧世代の発掘兵器へとその在り様を変えたAC、また、陸戦兵器らしい泥臭さを感じさせるメカデザインが特徴。

ゲームシステム的にはオンラインを重視しており、シリーズの中でも特に対人戦とその研究が盛んになった。
同シリーズからACをプレイするようになったユーザーは、ミグラントと呼ばれる。

ACVDにおいて*1、本シリーズの世界観が4シリーズの延長線上にあることが仄めかされている。

Vシリーズの前史と4シリーズのつながりを示唆するもの

  • 旧時代の無人兵器の動力源
    旧時代に作られた無人兵器の動力源となる特殊な粒子は、高濃度であれば緑色の霧状物質として視認できるとされ、また環境への汚染が深刻であるなどコジマ粒子を思わせる設定がなされている。
  • 旧時代の歴史
    Vシリーズの前史と言える旧時代において世界を破滅に追いやった戦争の記述には『無数の兵器による戦争』、『特別なパイロットたちが操る特別な機械が世界に汚れたものをまき散らした』、
    『選ばれた戦士の時代が終わり、権力者たちは醜い巨大な武器を生み出した』、『世界は汚染され、卑怯者たちは空へと逃げた』など、
    リンクスネクスト国家解体戦争リンクス戦争、そしてアームズフォートが投入されたクレイドル体制下での企業間抗争とORCA旅団との戦いとコジマ汚染を示唆する単語が含まれていた。

一方で開発中にコンセプトが二転三転したことや、肝心な設定が資料集でしか語られていないため、設定上の不備と指摘されてしまう部分もあった。

  • MTの不在
    AC誕生に至る開発史として前身となるMTの存在は重要な要素であり、また荒廃した世界において作業用機械の存在が明示されていないことも問題視されたが、
    すでにノーマルやネクストが存在している世界であるなら技術の応用で製造できるため前身となるMTは不要であり、また一部のCE防御型コアにはクレーンのようなパーツが存在しており*2、サイズ縮小されたことでACが作業用機械としても使えたのかもしれない。
  • ACの開発方針
    4シリーズにはあった多彩な企業によるアセンブル傾向が見られなくなっていること、具体的には『EN防御の高い軽量二脚』や『実弾防御重視のタンク重量二脚』などが存在しなくなったが、
    これに関しては旧時代の末期に起きた戦争ではTE武器の需要が大きなものだったこと、特性ごとの製造方法が異なるため複数の特性を備えた装甲は存在しないことなどが資料集では語られ、
    またTE防御型の仕組みが『冷却ユニットによる排熱』や『機体周囲への水の噴霧』であることがデザイン画に書かれており、大型の冷却ファンや貯水タンクを搭載するために必然的に重量二脚やタンクになったと考えられる。*3
    またACの製造元は3種類あったという設定であることが資料集収録の開発者インタビューで語られ、ACVのパーツの名称には命名法則があることが明かされている。パーツの名称から製造した企業が4シリーズの3つの企業グループのどれなのか伺えるかもしれない。
  • いくつかの本編未登場の施設
    資料集では、あの世界の住民が調査報告をする形で様々な資料が掲載されているが、その中には4シリーズに登場したいくつかの施設を示唆するようなものも存在していた。*4 ゲーム本編中にこそ登場しなかったものの設定上は存在していることになっているらしい。

ちなみに、Vシリーズの後にPSACシリーズの世界観に繋がるのではないかという説もある。
死神部隊ナインボールの存在感が(色だけでなくやっていること等)似ていることや、"黒い鳥"を見出すために企業が新たに作り上げたプログラムこそレイヴンズネストであると考えた場合、一応は辻褄が合うこと。
果ては残されていた火星テラフォーミング計画火星の旧技術の正体がかつてORCA旅団等が宇宙へ進出した名残ではないか。
"ファンタズマ・ビーイング"こそがあのファンタズマ計画の真相ではないかと考えても時代背景に矛盾が少ないことから、考え方次第では無理のない説ではある。

一方で、タワーの地下には廃棄された地下都市が存在すること(特にUNDER TOWER GF710は初代のガルシティに酷似している)や、
管理者となるべく作り出された巨大な知能が“答え”を見出せず世界が荒廃、その巨大な知能の成れの果てが観察者(主任とキャロル)であることなどから、
むしろ4シリーズの後に地下都市の開発に失敗し、PSACシリーズの世界に分岐し損ねたIFの世界がVシリーズなのではないかという説も立てられるようになっている。

裏を返せば、それだけVシリーズが過去作の要素のファンサービスの塊であるということである。


*1 正確にはACVの時点で資料集には、マザーウィルの甲板と思われる残骸が描かれたコンセプトアートが収録されていた。
*2 デザイン画では「雑用クレーン、2tくらいまで持ち上げられます」と書かれている。
*3 つまり原理的にTE防御型の軽量二脚は作ることはできなかったと思われる。
*4 スフィアのような半球状の施設、アルテリア・クラニアムの天井の部品を思わせる構造物、崩壊したメガリスなど。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-01-28 (木) 16:39:59 (31d)