シリーズを通して登場する頭部パーツで、型番に“〜EYE”とつくものをいう。

HD-REDEYE(PSAC)
EHD-NIGHTEYE(2)
EHD-SCOPEEYE(AA)
CHD-SKYEYE(3)
CHD-MISTEYE(SL)
CR-H97XS-EYE及びCR-H98XS-EYE2(NX)
CR-H05XS-EYE3(NB)
CR-H06XS-EYE4(LR)
HD-21 SEALEYE(V)
HD-10 CHROMEYE(V)
HC-2000 FINDER EYE及びHC-2000/BC SHADE EYE(AC6)
を指す。

外見上の特徴はモノアイを搭載していることで、その王道的デザインから人気は高い。
ただし概してその面構成はむしろ直線と平面主体であり、いわゆるジオン系MSの様な曲面主体の構造ではない。

EYEはSKYEYE、EYE2はMISTEYE、EYE4はSCOPEEYEと同一デザインだが、N系作品では基本的にEYE(数字)で呼ばれることの方が多い。
NXの「CR-YH85SR」は「HD-REDEYE」のリファイン版なのでこれもEYEシリーズに含める場合がある。
また、Vの「HD-223 RAIKO」やVIの「HD-012 MELANDER C3」も、デザイン的にはEYEシリーズと同じ系統である。

4シリーズでは“EYE”を型番に含むパーツは存在しないが、モノアイタイプのカメラを搭載しているパーツとして、「GAN01-SUNSHINE」や「KIRITSUMI」、「HILBERT-G7」がある。

ACVのSEALEYEは旧来のEYEからはかけ離れたデザインをしているが、オーバード・ウェポン使用中は頭部装甲がパージされ、内部から骸骨を模したシリーズ初のツインアイの頭部が展開される。ムービー中のみ
また、EYE3、EYE4、CHROMEYEを除き全てマスコット機が装備している。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2023-09-24 (日) 10:48:37 (305d)