fAに登場する、アルドラ製新標準機体“SOLDNER-G8”(以下G8)および“SOLDNER-G9”(以下G9)のこと。

本来ならばSOLDNERのOにはウムラウトが付くのが正しい。ちなみにドイツ語で“傭兵”の意

アルドラ社の前標準機「HILBERT-G7」は人名なので、こちらも人名の「Soldner(ゾルトナー)」とする方が自然。

旧標準機体であるHILBERT-G7は、当時のレオーネメカニカ製標準機体である“Y01-TELLUS”と共通のコアを採用していたが、本機はアルドラがインテリオル・ユニオンから独立した後に独自開発されたものである。
ただし内装系にはアクアビットレイレナードのパーツが採用されている。
G8は重量二脚型の機体であり、重機を彷彿とさせる質実剛健を地で行く機体だが、その形状故に他のネクストと比較すると異彩を放っている。これは重量級逆関節タイプのG9も同様。
見た目のインパクトが非常に大きいため、G8は特にアルドラマンと呼ばれる。

ちなみに、fAのローディング画面でアルドラの説明とともに表示される。
OBのエフェクトが微妙にキラキラ、微妙に羽っぽくて微妙にカッコ良かったりするが、一方で無数の噴射口をコジマトコロテンと称するリンクスもいる。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-06-15 (日) 20:19:13 (1077d)