4シリーズの世界において、設定上存在する自律兵器(初出はfA)。
その誕生は国家解体戦争以前、人類が宇宙開発に手を伸ばしていた頃に遡る。
当時宇宙開発に進出した各企業は、他勢力に対して優位に立つための手段として、無差別攻撃をするように設定された自律兵器を投入する。この自律兵器がアサルト・セルである。

しかし宇宙開発競争が激化するにつれ、地球の衛星軌道上におけるアサルト・セルの数量は増加し、ついには企業にすら手の付けられない状況に陥ってしまう。
換言すれば、アサルト・セルによって人類は自ら、宇宙へ進出する道を完全に断ってしまった。

ORCA旅団マクシミリアン・テルミドール曰く、これこそが企業の犯した罪であり、国家解体戦争もリンクス戦争も、パックス各社がそれを隠蔽するためのものであったという。
fAのORCAルートにおいてその存在が語られ、同ルートのエンディングにおいては、地上からのエーレンベルクの斉射によって掃討されることとなる。
逆に企業連ルートでは、その罪を裏付けるかのごとく、その存在が語られることは一切無い。

ACfAに蔓延する気だるさと絶望感の象徴にして、あらゆるシナリオの底に潜んでいる諸悪の根源。
これを念頭にゲームを進めていけば、高度なコジマ技術を有していながらコジマ汚染著しい地球に縛り付けられる理由、企業連を相手にORCA旅団が暗躍する理由、リリアナオールドキングクレイドルを狙う理由といったものの根底にアサルト・セルと"企業の犯した罪"が絡んでいることがよく分かるだろう。

実はミッション“クレイドル21奪還”において実際にアサルト・セルからの砲撃を、“クレイドル03破壊”でアサルト・セル本体(円盤状の物と円筒形の物の2種類がある)とアサルト・セル同士の撃ち合いを見ることができる。
その砲撃は高度9500m付近から視認することができ、現代のジェット旅客機などの巡航高度が高度10000メートルを超えるのに対し、クレイドルが7000〜8000mという大型航空機としては半端な高度に縛られた理由が垣間見られる(しかし、“クレイドル03破壊”では最も高度にいるクレイドルは12000m付近を飛行している)。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-05-21 (土) 21:19:29 (371d)