AC3SLに登場する中堅ランカーで、強化人間。乗機バーブドワイヤーは武器腕レーザーブレードKAW-SAMURAI2】を特徴とする軽量二脚AC。同じく両腕ブレードの軽量二脚ACを駆るエクレールとは異なる戦闘スタイルであり、ポーキュパインは両肩のガトリングガンで敵の装甲を削ってからブレードでとどめをさす。バーブドワイヤーに搭載しているFCSからも、射撃を戦闘に組み込もうとする意図が読み取れる。
ちなみに彼が愛用する両肩ガトリングガン【CWB-DC-150】は全弾150発を撃ち尽くすとそれだけで60000cの弾薬費を請求される。彼はお金持ちなのか、あるいはミッションとアリーナで武装を換えているのかは不明。

彼とはストーリー終盤のミッション【旧基幹要塞鎮圧】で共闘できるが、途中で撃破されてしまう。最後の通信によると敵の大群に囲まれ、薄い装甲が致命的だったようだが、脚部の旋回性能の低さも問題視されている。
一方で、進撃の速度自体は遅くなく、早々に撃破されたわけでもないため「あの機体であそこまで進むとは、じつは腕のいいレイヴンなのではないか」という評価も見られる。アリーナの戦績だけでは推し量ることのできない実力者であり、彼に弟子入りを志願する者が後を絶たないという事実も頷ける。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-05-16 (水) 22:12:36 (1983d)