2シリーズ作品に登場する企業の1つ。本社はフォークシティ。[伊]BALENA.“クジラ”という意味。
技術力に定評があり、ACパーツFCSジェネレーターラジエーターといった内装系に加え、エクステンションインサイドの製造が中心。
これとは対照的に、フレームパーツや武装はほとんど製造していない。
より正確に言えば、以前は製造していたが、その分野で利益を上げることが出来ずに経営を圧迫したため、作中ではサムライ月光以外を製造していない。
方向性としては、プログテックに端を発するハイテク中規模企業。あるいは変態成分の無いキサラギ

クロームムラクモ系の企業を独自に傘下に収めることで成長を遂げたが、ジオ・マトリクスエムロード両社との経済的な格差は大きい。
基本的に企業に対しては中立の立場を採っており、取引も盛んに行われている。一方で、地球政府との間に一定のパイプを有してもいる。
この関係から、AC2においてはLCCに協力体勢をとり、フライトナーズに対してもパーツの供与を行っていたとされる。
この戦略は功を成しており、事実ジオ・マトリクスもエムロードもLCCに敗退し、暴発的な武装蜂起の果てに降伏。火星は政府の管理下に置かれた
LCCとの友好関係を軸に火星の利権を確実にしたかに見えたが、特殊部隊フライトナーズの反乱により全てがご破算となってしまった。

AC2AAにおいては火星での件で政府との関係が表面化したことで、ジオ・マトリクス・エムロード両社との関係が悪化、このため表向きは政府の軍事力強化に協力している。

企業体の中心は情報通信産業に関わるバレーナ・コミュニケーション。
実はバレーナ社の通信技術は他社のACにも使用されている。

依頼文音声はAC2は鷹森淑乃?氏、AAは芳野美樹氏が担当。

ちなみに、開発段階では“ブリッツ”という名称であり、企業ロゴも作られていた(差異は文字部分のみ)が、その後現在の社名に変更され、ロゴも差し替えられた。

なお、ACVDLC第2弾のチームエンブレムセット4エンブレムが入手可能。

構成企業

バレーナ・コミュニケーション(情報・通信)
バレーナ・インダストリー(重工業)
バレーナ・ケミストリー(化学工業)
バレーナ・エイジェンシー(人材派遣・傭兵仲介)

なお、バレーナ・エイジェンシーは傭兵から大道芸人まで派遣する企業だが、ACパイロットのみコンコードとの衝突を回避するために派遣していない。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-09-16 (金) 22:15:37 (487d)