PSACシリーズに見られる重装甲かつ高機動のアセンブル
LN-2KZ-SP脚部として、武装はそれのみで敵ACを葬れるだけのものを装備、また残りの積載を装甲に費やしたアセン。
元々はACPP時代のフィンガーを装備して高い防御力を持った機体のことで、重2や逆関節のバージョンも存在した。

様々な派生型が存在し、EサブデビガンHG1デビガン(おおむね月光装備)等が代表格。
扱いは極めて難しいが、使える人が使うと恐ろしい強さを見せる。

ちなみにデビガンと呼ばれた所以は、これらの機体の多くがガンダム頭(HD-G780)を装備していたことにより、その元ネタは“機動武闘伝Gガンダム”に登場したデビルガンダム。
デビルガンナーの略とする説もあるが、それではHG1デビガンの基本戦術と矛盾する。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-01-14 (月) 02:35:10 (1677d)