ACVより登場した小型偵察機。RECON UNIT.[英]

コア内部に搭載され、射出することで周囲の情報を受け取ることができる。
スキャンモードに切り替えることで、リコンの索敵範囲内にいる敵を障害物越しに確認、さらにスペックを読み取ることができる。
これがないと、敵の待ち伏せに対処できず、訳も分からぬまま“曲がり角でパンをくわえた女の子と運命の出会い”を経験することになるため、余程のことがない限り、装備しておくことが望ましい。

リコンには地面に設置するタイプ、空中に浮遊してその場に滞空するタイプ、自機に追従するタイプの3種類がある。
自機のコンセプトやミッションのタイプによって使い分ける必要があるだろう。

ちなみに、浮遊機雷以来の謎である浮遊原理については、例によって不明であった。
・・・が、エンターブレインから刊行された設定資料集『アーマード・コアV 公式設定資料集 -the FACT-』に収録された設定画から、二重反転ローターを使用して浮遊していることが明らかとなった。
アセンブル時にグラフィックを良く見ればそれらしき物が確認出来る。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-08-18 (日) 20:50:03 (1494d)