LRミッション“中枢突入”における、ジナイーダの末期の台詞。
正確には、「私はただひたすらに強くあろうとした…そこに私が生きる理由があると信じていた…やっと追い続けたものに手が届いた気がする…レイヴン…その称号はおまえにこそふさわしい…」となる。
自身の存在意義、即ち『レイヴンとして如何に生きるか』を模索していた彼女にとって、それは自らを超える者の存在によってのみ見出せたものであった、ということになる。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-05-16 (水) 22:13:28 (2011d)