惑星封鎖機構の無人2脚MT。正式名称は「AM02:DENOISER」。
ウォッチポイント・アルファの深度1〜3及びルビコン技研都市に配備されている。

上から見て凸型にみえる上半身が特徴で、全機種共通で胴体中央と両肩部末端、及び背部に装備を換装するハードポイントがあり、両肩部上部にガトリング砲が内蔵されている。
型番や後述する理由から封鎖機構主力MTより旧世代の機種である。

地中探査の任務に交戦するが、中にはハンガーで待機状態になっている機体もあり、システムにアクセスした際に起動して襲いかかってくるため、待機状態で破壊すれば労無く道中の障害を排除出来る。

技研都市に登場する機体は、胴体部にセンサーが設置されている以外は違いはない。ウォッチポイント完成と同時に配置されたものと推測され、以降一切整備等がなされていない状態で配置されていたためか外装が経年劣化しているが、性能そのものは問題なく、強制執行システム停止後も自立稼働を続けていた。

強制執行システムの停止に伴い無力化されるが、賽は投げられたルートではオールマインドにハッキングされ、ウォッチポイント内で破壊活動を行い、C4-621の脱出の援護を行った。

機体名の「DENOISER(デノイザー)」とは、「ノイズを除くもの」を意味する。

バリエーション

支援タイプ

連装プラズマミサイルレーザーキャノンを装備。遠距離からの攻撃を視野に入れた仕様。

近接タイプ

パルスブレードパルスシールド?で接近戦を仕掛ける前衛型。

狙撃タイプ

垂直ミサイルタイプのプラズマミサイルとレールキャノンを装備した遠距離狙撃特化型。
主に深度1の縦穴部などに配備され、ネペンテスと共に侵入者の排除を行った。

火力特化タイプ

レーザーライフルとパルスシールド、多連装プラズマミサイルを装備した火力特化型。
深度3に配備されたデノイザーの上位機種で、BAWS4脚MTや各執行機と同じく中ボス機相当の機体である。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2024-04-14 (日) 22:54:35 (41d)