ベイラム?グループ専属AC部隊「レッドガン」の5番手。
元は裏路地の博徒であったが、大きな賭けに負けたカタとして第4世代強化人間の実験体にされた。

ヴォルタとは悪友の間柄で、共に喧嘩に明け暮れていたが、7年前のある時ミシガンに因縁を付けた結果、顔面が変形するほどの返り討ちに遭い、「青少年の健全育成」という名目でレッドガンに入隊させられ、地獄のような訓練を課され、今に至る。

ミシガンに対してはその経緯から反骨的な態度を見せる事が多いが、ミシガン本人からは一定の評価を得ている。
またガリア多重ダムで共働したC4-621を「野良犬」と呼んで敵意を向けるが、その敵意は同じ第4世代でありながら自分とは違う強さを見せる621に対する憧れの裏返しでもある。

壁越え?」でヴォルタを喪いながらもアイスワーム掃討作戦に参加し、ウォッチポイント・アルファでも調査部隊に同行して深度2まで到達するが、そこで621を待ち伏せしようとして返り討ちに遭い、戦死する。

「賽は投げられた」ルートでは敵や味方として顔を合わせる機会が増え、コールドコールに621暗殺を依頼するなど、621に対する殺意を明確化させ、ルビコン技研都市まで621を追跡するが、V.IIスネイルとともに撃破される。
しかし、その意識はオールマインドによって電子化されており、コーラルリリース発動の直前、オールマインドによってイレギュラーと認定された621とエアの前に立ち塞がり、その胸の内を吐露しながら撃破された。

搭乗機 ヘッドブリンガー

ベイラム製中量2脚型フレーム「MELANDER C3」をベースにした機体。
ブルーを基調としたカラーリングに、コアの左側と左肩が赤く塗られているのが特徴。

リニアライフルマシンガンミサイルを装備し、パルスシールド?で防御を固めながら射撃戦を展開する。
また、接近戦では積極的にブーストキックを使用してくる。

チャプター4ではアセンが変更され、シールドをレーザーオービットに換装した攻撃的な戦闘スタイルとなった上で敵対する。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2024-04-15 (月) 03:21:01 (41d)